血流を良くする方法を知ろう【健康食品でスピード改善】

糖尿病の判断材料

合併症が怖い糖尿病

薬

毎年、健康診断を受ける人も多いと思います。検査結果が出ると、コレステロール値や血糖値などが気になる人も多いでしょう。ldlコレステロール値が高ければ、動脈硬化などの病気のリスクが高まります。血糖値が高いと、糖尿病の疑いがあります。糖尿病は、さまざまな合併症を引き起こします。糖尿腎症など、やがては人工透析が必要になる合併症もあり、特に気をつけたい病気の一つです。その糖尿病の危険度を示す数値は、血糖値ばかりではありません。ヘモグロビンa1cも同様に糖尿病の判断材料となります。むしろヘモグロビンa1cの方が、より確実なことがわかります。血糖値は、採取した時の健康状態や食事内容によって数値が変動します。しかしヘモグロビンa1cは、数日間の健康状態で変わるものではなく安定した数値が計測できます。

血中のブドウ糖と結合

赤血球の中にあるヘモグロビンは、体中を駆け巡り酸素を運んでいます。ヘモグロビンはタンパク質の一種です。このヘモグロビンが体内を駆け巡る際、血液中のブドウ糖と結合したものをヘモグロビンa1cと呼びます。ヘモグロビンはブドウ糖と結合する性質があるからです。血液検査の項目では、ヘモグロビンa1cはhba1cと表記されています。血液中にブドウ糖が多ければ、それだけ多くのヘモグロビンと結合します。すなわちヘモグロビンa1cの値が高くなります。これにより、血液中にどれぐらいのブドウ糖があるかがわかるのです。ヘモグロビンa1cの値が高ければ、糖尿病になる可能性が高くなります。一刻も早く改善しなくてはなりません。食生活の見直しや適度な運動とともに、サプリの摂取が効果的です。糖の吸収を穏やかにする成分などが入ったものを、摂取しながら数値の改善に努めてください。